腰痛全般

危険!腰痛ベルトは悪化させる?腹筋を弱らせる恐怖の器具

投稿日:

腰痛ベルト

腰痛で悩んでいる人の強い味方のはずの腰痛ベルト。

実は腰痛ベルトに頼り過ぎることで、腰痛が悪化してしまうことがあります。

 

使い方を間違えなければ、腰痛ベルトは腰痛を悪化させないための最適な器具です。

しかし使い方を誤ると、腰痛はすぐに悪化してしまいます。

腰痛ベルトの正しい使い方と、腰痛ベルトで腰痛を悪化させないためのポイントについて紹介します。

 

腰痛ベルトは一時的なサポートのためにある

一時的なサポート

腰が痛くてとてもじゃないけど立ち仕事ができそうもないときがあります。

そんなケースにはもちろん腰痛ベルトが役に立ちます。

しかしあくまでも、一時的に筋肉の代わりとして使用することを前提につくられています。

腰痛ベルトは痛みを軽減してくれるのですが、腰痛そのものを治してくれるわけではありません。

 

腰痛が「治る」わけではない。痛みの原因を排除する必要がある

腰痛ベルトをすることで腰痛が軽くなり、そこで腰痛が治ったと思い込んでしまう人もいます。

しかしそれは痛みが隠れているだけであって、痛みの原因はそのまま残ります。

腰痛ベルトがなくなると、結局また腰が痛くなるだけです。

そのため、具体的な使用場面としては、ぎっくり腰や運動後の急激な筋肉の炎症などに限定されます。

こういった症状の場合は、日にち薬で安静にしておくことが大事です。

症状が軽減すると、むしろ筋肉を使うよう、ベルトは外したほうが効果的です。

 

腰痛ベルトを使用し続けることの恐ろしさ

腰痛ベルトを使いはじめると、腰への負担が少ないことに感動しますよね。

四六時中もしくは、起きているすべての時間で腰痛ベルトを手放すことができなくなります。

これならもう常用してもいいじゃないか、そう思うかもしれません。

しかし、腰痛ベルトをつけ続けると大きな問題になることも考えられます。

 

腰痛ベルトを使い続けると、どんどん腹筋が弱くなっていく

それは腰痛ベルトがあることによって、腹筋や背筋の筋肉を使わずに歩けてしまうことにあります。

人間の体で、使わない筋肉はどんどん弱っていきます。

腹筋や背筋といえども、きちんと継続して負荷を与え続けなくては弱ってしまいます。

腹筋と背筋が弱るとどうなるか。

言うまでもないかもしれませんが、その答えは「腰痛が悪化する」ことです。

 

痛みがどうしようもない時に一時的に使うもの

どうしようもない痛みが発するのであれば、そこは腰痛ベルトに頼るべきです。

ただ痛みを回避したいという理由だけで腰痛ベルトを常時着用するのは避けるようにしましょう。

腰を守っているはずが、腰を弱くしているのが腰痛ベルトのこわさです。

筋肉トレーニングを行うなどして、腰痛ベルトなしでも日常生活を送れるようにしていかなければいけません。

 

腰痛ベルトの選び方

腰痛ベルトを選ぶ

腰痛ベルトは数千円で購入できるものから、オーダーメイドなどを行うと数万円の費用が発生するものもあります。

数万円もするような腰痛ベルトでも、保険の対象となっています。

そのため、結果的には数千円で購入することも可能です。

 

腰痛ベルトは痛みとその箇所で選ぶべき

腰痛ベルトには幅の広いものと、幅の狭いものがあります。

種類も1段式と2段式があり、腰痛がひどい場合は2段式がおすすめです。

幅の広い腰痛ベルト 幅の狭い腰痛ベルト
腰のくびれに巻く 骨盤の上に巻く
痛みが強い 痛みが比較的弱い

どちらが適しているかわからない場合は、販売店の人に相談するか、お医者さんに相談して決めるようにしてください。

しかし効果が高い腰痛ベルトほど筋力を低下させてしまいます。

常時着用しないように気をつけましょう。

 

腰痛ベルトの使い方

腰痛ベルトと湿布

腰痛ベルトを使うのは、以下のような場合です。

  • 痛みがひどくて、起き上がるのも辛い
  • 重たい荷物を持つ場合
  • ぎっくり腰を回避したい場合

ただし繰り返しになりますが、常用すると筋力が落ちてしまいます。

「一時的に楽になりたい」というときに使用するものだと考えましょう。

 

腰痛ベルトでぎっくり腰を回避することもできる

腰痛ベルトを使用することで、ぎっくり腰などを回避することも出来ます。

腰に不安がある人は、面倒でも腰痛ベルトを常に携帯しておきましょう。

いきなり重いものを持つようなシチュエーションになっても、安心して対応することが可能になります。

 

腰痛ベルトは「きつく締めすぎない」

使用時は「きつく締める」と説明している人と、「きつく締めすぎない」と説明している人がいます。

できるだけきつく締めすぎないようにしてください。

これは締めすぎると血の流れが滞るため。

また圧迫感により、呼吸がしにくく感じるかたも多いです。

腰痛ベルトはあくまでも筋肉をサポートするのが役割です。

筋肉と同じように、ある程度の柔軟性があったほうが効果は高まります。

 

腰痛ベルトを巻く時は、服の上より素肌の上

巻くときはできるだけ素肌に直接巻くようにしましょう。

衣服の上からですと腰痛ベルトが滑りやすくなります。

また、狙っている場所を押さえることができなくなることもあります。

直接肌に触れるため、使用する素材は通気性の高いもの、汗などを吸いやすいものを選ぶようにしましょう。

 

まとめ:常用は控えて、一時的なものとして腰痛ベルトはオススメ

腰痛ベルトの常用はおすすめできませんが、あると安心な器具であることには間違いありません。

腰痛で悩んでいる人は、いざというときのために、自分に合った腰痛ベルトを1本用意しておいてください。

管理人が体験「腰が痛い!」を軽減してくれるマットレス

モットン(motton)

「朝、腰が痛いっ!」をなんとかしたい方へ

モットンは体圧分散、耐久性にとても優れたマットレスです。

軽量の特殊ウレタンを使用し、ベッドにも床に直置きにも使用できます。

90日間使用後の返金保証制度があるので、体に合わないといった場合でも安心です。

雲のやすらぎ

「うわっ、気持ちいい~!」を感じたい方へ

雲のやすらぎは、厚さ17センチでマットレスとしての使用にも最適。

厚さの割に、柔らか過ぎないので、腰痛持ちにもぴったり

通気性が良いので、フローリング直置きでも使用できます。

スリープマジック

スリープマジックは、スポーツする人、体に負担がかかる仕事をする人向けのマットレスです。

ウェーブ状の素材が、体圧を分散させ、気持ち良い目覚めをもたらします。

マットレスと布団兼用なので、フローリングに直置きも可能です。

スリットが入ってあり、折りたたみ可能なので、収納にも便利なのが特徴です。

エムリリー

「優反発」をいますぐ実感したい方へ。

エムリリーは医療・福祉の国であるデンマーク生まれの寝具ブランドです。

マシュマロのような柔らかさと、体全体を支える弾力性を兼ね備えています。

腰痛持ちの方でもあのふわふわ感を実感できる「優反発」が最大のポイントです。

-腰痛全般
-, ,

Copyright© 腰痛にいいマットレス完全ガイド|ナースが教える腰痛を改善する寝具 , 2018 AllRights Reserved.