腰痛全般

腰痛に効く薬はある?市販薬で腰痛改善効果があるのはどれ?

投稿日:

腰痛に効く薬は?

ドラッグストアには腰痛を緩和するための市販薬がいくつも並んでいます。

飲み薬や塗り薬だけでなく、湿布のような貼り薬もありますよね。

でも、一体どれが自分に適しているのか…試してみるまではわかりません。

そもそも、腰痛に効く薬なんていうものが存在すのでしょうか。

 

ここでは市販薬を使った腰痛の改善方法と、その効果や、代表的な市販薬について紹介します。

【当サイト特別企画】
関節痛・腰痛に飲んで効く、富山の薬「リョウシンJV錠」。
当サイトのために、特別な販売ページを用意してくれました。
ryoushin
限定価格
で購入することができますので、ぜひ確認してみてください。
特別価格での販売ページを見る

 

腰痛に効果のある市販薬

まず、腰痛に効果がある代表的な市販薬についてまとめておきます。

大きく分けて以下の3種類があります。

  • 飲み薬
  • 塗り薬
  • 貼り薬(湿布)

それぞれ用途に応じて使用するようにしてください。

 

飲み薬

まずは手軽な飲み薬から紹介します。

ほとんどの飲み薬は鎮痛成分が含まれています。

そのため、飲んですぐに効果がでるものがほとんどです。

すぐに痛みを消したいときには飲み薬がおすすめです。

 

ロキソニンS

ロキソニンS

腰痛にかぎらず、痛み止めとして利用している人が多い市販薬がロキソニンSです。

病院でもさらに効き目のあるロキソニンを処方することがあるくらい、定番の痛み止めになります。

ぎっくり腰のような突発的な腰の痛みが発生したときに、痛みを麻痺させるために有効な市販薬になります。

 

イブA錠EX

eve

CMの影響で、生理痛や頭痛用の痛み止めという印象が強いイブA錠EX。

これももちろん腰痛に効く薬のひとつでもあります。

痛みがひどくて眠れないときに服用したい市販薬のひとつですね。

 

ラックル速溶錠

ラックル即溶錠

ラックル速溶錠はパッケージからして腰痛に効く薬だということがわかります。

欧米などでよく使われているアセトアミノフェンを鎮痛解熱成分として使用しています。

ロキソニンSは胃の負担が大きくなり処方されるときは胃薬も一緒に出されます。

ですがこのラックル速溶錠は胃にも優しく、眠くならないという特徴があります。

 

アリナミンEX PLUS

アリナミン

アリナミンEX PLUSは血の流れを正常化させるための市販薬です。

痛みそのものを沈静化する薬ではありません。

そのため、腰痛以外には目の疲れなどに効果があります。

痛みを一時的に抑えるのではなく、体質改善により腰痛から体を守る薬です。

突発的な痛みではなく、慢性的な腰痛に効く薬として考えておいてください。

使用するときは状況に合わせて、使いわけをするようにしましょう。

 

コリホグス

コリホグス

腰痛に効く飲み薬には鎮静作用・血行促進作用のあるものが多いです。

そんななか「コリホグス」は、筋肉弛緩作用のある飲み薬です。

緊張した筋肉を強制的に弛緩させる、効果の強い飲み薬です。

また全身の筋肉を弛緩させるので、飲んでしばらくはうまく力が入らなくなります。

さらに眠気やだるさのほか、重篤な副作用の可能性があります。

下記の症状が出た時にはすぐに服用を中止してください。

  • 皮膚の発赤やかゆみ
  • 吐き気、嘔吐
  • めまい
  • 過度の体温低下

 

塗り薬

痛みに対して体の外側からアプローチするのが塗り薬です。

テレビCMなどの影響でお手軽感が高いのが塗り薬になります。

 

バンテリンコーワゲルLT

バンテリン

腰痛に効く薬の代表選手とも言えるのがバンテリンコーワゲルLTです。

塗った瞬間のスーッとした感覚がすぐに痛みを和らげてくれます。

さらに、筋肉や関節に浸透して、痛みを取り除いてくれる塗り薬です。

持続性もあり、慢性的な痛みや、ぎっくり腰などからの回復期に利用したい塗り薬です。

 

アンメルツヨコヨコ

アンメルツヨコヨコ

腰痛の人の多くが使ったことのある塗り薬ではないでしょうか。

背中や腰に塗りやすい形状をしているため、手が届きにくい場所でもしっかり塗ることができます。

ただし、肌が弱い人には少し刺激が強すぎるかもしれません。

使用してみて肌に違和感がある場合は、他の市販薬に切替えるようにしてください。

 

ボルタレンEXゲル

ボルタレン

湿布だとかぶれてしまう、という肌質の方にこそ、ゲル状の塗り薬がオススメです。

ボルタレンEXゲルは、メントール配合・有効成分が炎症を抑えるタイプの塗り薬です。

高い経皮吸収性をほこり、ベタつかないのでサッと使えます。

 

貼り薬

腰痛といえば湿布を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

処方されるものと同じ成分を含むものもあるため、慢性的な痛みに使いたい薬です。

 

ロイヒフェルビ温

ロイヒフェルビ

抗炎作用があるフェルビナクを配合した貼り薬がロイヒフェルビ温です。

非ステロイド系ですので安心して使用することができます。

ベージュ色でなおかつ無臭。

職場などで匂いを気にして湿布を使わなかった人にとって、嬉しい貼り薬ですね。

 

ハリックス55EX温感A

ハリックス55EX温感A

ハリックス55EX温感Aも人気の貼り薬のひとつです。

ダブル消炎効果が大きな特徴。

サリチル酸グリコールと、抗炎症成分グリチルレチン酸の2種類を配合しています。

消炎効果も高いのですが、この貼り薬の優れているところは、剥がれにくさにあります。

体の動きにフィットするように作られています。

腰に貼っても違和感なく仕事や家事を行える、人気の高い貼り薬ですね。

 

腰痛市販薬を使う3つのメリット

市販薬での腰痛改善には3つのメリットがあります。

市販腰痛薬の3つのメリット

  1. 痛みをすぐ抑えてくれる
  2. 購入時の煩わしい手続き不要
  3. 地方や過疎地でも通販ならすぐ手に入る

 

痛みをすぐ抑えてくれる

安心する女性

市販薬のありがたさは、すぐ手に手に入って、すぐに効果を期待できる点にあります。

ゴッドハンドの整体師でも、行列ができる名医でも、予約が3ヶ月待ちだったら話になりません。

緊急時に効果を発揮してくれるという点で、市販薬は重宝します。

 

購入時の煩わしい手続きが不要

薬の価格は病院で処方してもらうほうが安いです。

特に腰痛の場合湿布薬を店舗で買うと、かなり割高になります。

ですが、湿布薬はドラッグストアでも買えます。

最悪の場合、健康保険に加入指定ない人でも市販品なら購入できます。

 

地方や過疎地でも通販ならすぐ手に入る

数年前に医薬品の通販に対する規制が議論されました。

しかし、2017年現在も医薬品はネット注文可能です。

通販での医薬品購入は、特にドラッグストアや薬局が家の近くにない方、過疎地などでは死活問題ですからね。

今後も購入可能なままでいて欲しい限りです。

 

腰痛市販薬を使う3つのデメリット

気軽にドラッグストアなどで買える腰痛市販薬。

誰でもお手軽に使える反面、デメリットもいくつかあります。

市販腰痛薬の3つのデメリット

  1. 効果が薄い
  2. 根本治療でない
  3. 値段が割高

 

効果が薄い

まず、市販薬共通に言えることですが、効果が薄いです。

これは安全性確保の面から、わざと効果を薄くしています。

薬剤師がおらずに買える通販の医薬品(第三類医薬品など)はさらに効果が低いです。

例えば鎮痛剤としてて有名なロキソニンSなども、病院で処方されるロキソニンとは用量用法、効能効果に違いがあります。

より効果が高い薬を求めるなら、病院処方のものに頼るしかありません。

 

根本治療でない

次に市販薬で腰痛が治ることは、ないということです。

一時的に痛みを麻痺させることは可能です。

でもそれは、痛みが見えなくなっているだけ。

腰痛の原因となっている体の状態を改善しているわけではありません。

市販薬は耐え切れない痛みを一時的に抑えることが目的です。

根本から治療する必要がある場合は必ず病院に行って、お医者さんに相談するようにしてください。

 

値段が割高

値段は安くない

ドラッグストアの薬は手軽に購入できるぶん、その効果は限定的です。

しかも保険の適用外ですので割高になってしまいます。

湿布などは、病院に行って処方箋で購入するほうが圧倒的に安くつきます。

市販薬はあくまでも一時しのぎだと考えてください。

 

あくまでも一時的に使うものとして考える

人間の体は痛みが連鎖するような構造になっています。

このような市販薬を上手に使うことで、痛みの連鎖を断ち切り、腰痛を悪化させないという効果も期待できます。

痛みが強く、すぐに病院に行けないような場合に、市販薬でそれ以上悪化させないようにしてください。

 

処方箋なしで医薬品が買える、輸入代行は慎重に

薬の個人輸入は慎重に

市販薬は効果が薄い。

だからといって、薬をもらうためだけに病院にかかるのはめんどくさい。

こういった理由で、最近では医薬品の輸入代行業者を利用する人も増えてきました。

見た目は医薬品の通販サイトです。

その中身は海外から医薬品を輸入している代行業者から薬を購入する、という仕組みです。

ジェネリック医薬品なども豊富に取り揃えられています。

 

自分にあったものがハッキリしている時にだけ利用しましょう

メリットとしては、処方箋なしで医薬品が安く買えるという点。

その反面、見過ごせないデメリットもあります。

  • どの薬が自分にあっているか相談できない
  • 万一副作用が出た時、クレームも言えない

そのため、以下の場合にのみ利用することをオススメします。

  • 過去に飲んだことがある
  • 常用している薬を安く手に入れたい

日本でも実績のある医薬品輸入代行業者は次の2社です。

 

まとめ:整形外科受診後、病院で薬を処方してもらうのがベスト

病院での処方薬が一番

かつては病院処方でしか手に入らなかった薬も、最近では薬局でも買えるようになり、便利になりました。

これら市販薬は、軽度のぎっくり腰や筋肉痛程度なら効果を発揮します。

ですが重度の腰痛や慢性症状にはほとんど役にたちません。

基本は整形外科などで受診後、病院の薬を処方してもらうことです。

そのほうが体にあった薬を安く手に入れることができます。

また、薬の個人輸入(通販サイト)などは限定的な利用にとどめておきましょう。

どうしても辛い腰痛の場合には、第三類医薬品など、継続的な服用でも副作用が出にくい薬の服用に留めておきましょう。

通販で手に入る医薬品については、こちらのサイトも参考にしてみてください。

http://腰痛市販薬ガイド.net/

処方薬を

管理人が体験「腰が痛い!」を軽減してくれるマットレス

モットン(motton)

「朝、腰が痛いっ!」をなんとかしたい方へ

モットンは体圧分散、耐久性にとても優れたマットレスです。

軽量の特殊ウレタンを使用し、ベッドにも床に直置きにも使用できます。

90日間使用後の返金保証制度があるので、体に合わないといった場合でも安心です。

雲のやすらぎ

「うわっ、気持ちいい~!」を感じたい方へ

雲のやすらぎは、厚さ17センチでマットレスとしての使用にも最適。

厚さの割に、柔らか過ぎないので、腰痛持ちにもぴったり

通気性が良いので、フローリング直置きでも使用できます。

スリープマジック

スリープマジックは、スポーツする人、体に負担がかかる仕事をする人向けのマットレスです。

ウェーブ状の素材が、体圧を分散させ、気持ち良い目覚めをもたらします。

マットレスと布団兼用なので、フローリングに直置きも可能です。

スリットが入ってあり、折りたたみ可能なので、収納にも便利なのが特徴です。

エムリリー

「優反発」をいますぐ実感したい方へ。

エムリリーは医療・福祉の国であるデンマーク生まれの寝具ブランドです。

マシュマロのような柔らかさと、体全体を支える弾力性を兼ね備えています。

腰痛持ちの方でもあのふわふわ感を実感できる「優反発」が最大のポイントです。

-腰痛全般
-,

Copyright© 腰痛にいいマットレス完全ガイド|ナースが教える腰痛を改善する寝具 , 2018 AllRights Reserved.