腰痛全般

マッサージで腰痛は改善しない理由とは?|腰痛にいいマットレスガイド

投稿日:

マッサージ

腰の状態が悪いと、マッサージなどで揉みほぐしてもらうという人いませんか?

そのときは腰が軽くなっても、回復は一時的で、また少ししたら痛みが出てきたりします。

でもマッサージ後は確かに痛みが軽減されますよね。

 

このとき腰ではいったいどのような現象が起こっているのでしょう。

ここでは腰痛とマッサージの関係、根本的に良くならない理由を紹介します。

 

腰痛の痛みを抑えるにはまず痛みの連鎖を止める

腰痛の原因はさまざまです。

しかしほとんどの痛みに共通しているのは、痛みが広い範囲で連鎖していることです。

 

痛み→緊張→発痛物質→痛み…の痛みループが作られている

人間の体は痛みを感じると、交感神経が反応して筋肉が緊張します。

筋肉が緊張すると血液の流れが悪くなり、体は発痛物質を作り出し、痛みを脳に伝えます。

この発痛物質がさらに交感神経が反応して、筋肉が緊張してしまい痛みを引き出します。

これが痛みの連鎖で、マッサージの目的は筋肉をほぐすことで、この痛みの連鎖を止めることを目的としています。

  1. 緊張して硬くなった筋肉をほぐすと血液の流れが良くなり、痛みが軽減する
  2. しかし痛みの原因はそのまま残っている
  3. そのため、マッサージで腰痛そのものが消えてしまうことはほとんどない

軽度の腰痛なら、マッサージで痛みの連鎖を止めれば回復を促すことができます。

この場合は「マッサージで治った」と思いがちですが、そのほとんどは自然治癒の結果になります。

 

マッサージだけでなく根本的治癒が必要です

腰痛

腰痛に対して、マッサージは意味がないわけではありません。

耐えられないような痛みから逃れることができるのは、決して小さくないメリットになります。

でも、マッサージだけで痛みを取り除くには、定期的にマッサージを受け続ける必要があります。

これはあまり経済的ではありませんよね。

 

病院で腰痛の原因を突き止めることも重要

腰痛はマッサージで和らげると同時に根本的治癒が必要になります。

まずは整形外科で、腰痛の原因をチェックしてもらいましょう。

腰痛の原因ごとに治療方法も違います。

回復のための適切な治療方法は、お医者さんに教えてもらいましょう。

このときにマッサージを受けることの可否も確認しておきましょう。

腰痛によっては、マッサージをすることでさらに悪化する腰痛もあります。

自分で判断することなく、きちんと専門家であるお医者さんの意見を聞くようにしてください。

 

自己流のマッサージは絶対にNG

マッサージを行うには、筋肉や体の構造についての知識が必要になります。

自分でマッサージをすると、腰痛がさらに悪化することもあります。

人間の体には無数の神経があり、自己流では他の神経まで痛めるリスクまであるのです。

マッサージを受ける場合は、できるだけ信頼できるマッサージ師に依頼するようにしましょう。

 

マッサージ施術を受ける店選びは慎重に!

ですが、「リラクゼーション」という名目で、免許を持たないマッサージ師もいます。

「腰痛はマッサージで治る」と言うのは、信用できないマッサージ師だと考えてください。

上で紹介したように、マッサージで腰痛を治すことはできません。

マッサージはあくまでも痛みを軽減させるための行為になります。

また整体の場合は、体の歪みを治してくれるため、マッサージよりは腰痛に対して効果があります。

これも生活スタイルそのものを改善しないと、腰痛はいずれ再発することになります。

腰痛を治す場合は、根本的な治療が必要だということは忘れないようにしましょう。

 

「セルフツボ指圧」では腰痛を治すことはできない

腰痛が楽になるツボ、というのも実は存在しています。

ツボを押すことで血液の循環を促し、重く感じる腰を和らげることは可能です。

しかし、「腰痛そのもの」に対して、ツボ押しはあまりにも一時的な処置に過ぎません。

自分でツボ押ししても、効果を求めすぎるあまりグイグイ、強く押してしまいがちですよね。

「痛気持ちいい」までいくと、それは強く押しすぎている状態です。

自分で行うツボ押しは、的確に、効果のある押し方をすることは難しく、根治には遠い手段です。

 

腰痛を軽減させるために寝具の見直しも必要

寝具の見直し

  • 腰骨を伸ばす
  • 注射をする
  • 睡眠の見直し
  • 寝具の見直し

腰痛改善のためには、こういったことも行う必要があります。

人間は1日の1/3〜1/4の時間も寝て過ごします。

寝具が体に合っていない場合、寝ているのに疲労が回復しないということがあります。

例えばマットレスが硬すぎたり、柔らかすぎたりすると不自然な姿勢で眠ることになります。

不自然な姿勢を何時間も継続することで、どんどん疲労が溜まることになります。

 

疲労を溜め続ける睡眠環境を改善しましょう

旅先のベッドが体に合わず、しっかり眠ることができなかった経験のある人も少なくないかと思います。

こうした疲労がたまる状態が連日続くということになります。

快適な睡眠を得るためには高反発マットレスのような、腰への負担が少ないマットレスを選びましょう。

毎日必ず行うことを見直さないと、せっかくマッサージを行ってもなかなか回復は見込めません。。

マッサージで痛みが連鎖するのを抑えて、根本的治癒によって痛みの原因を取り除き、睡眠によって疲労の回復を目指しましょう。

 

管理人が体験「腰が痛い!」を軽減してくれるマットレス

モットン(motton)

「朝、腰が痛いっ!」をなんとかしたい方へ

モットンは体圧分散、耐久性にとても優れたマットレスです。

軽量の特殊ウレタンを使用し、ベッドにも床に直置きにも使用できます。

90日間使用後の返金保証制度があるので、体に合わないといった場合でも安心です。

雲のやすらぎ

「うわっ、気持ちいい~!」を感じたい方へ

雲のやすらぎは、厚さ17センチでマットレスとしての使用にも最適。

厚さの割に、柔らか過ぎないので、腰痛持ちにもぴったり

通気性が良いので、フローリング直置きでも使用できます。

スリープマジック

スリープマジックは、スポーツする人、体に負担がかかる仕事をする人向けのマットレスです。

ウェーブ状の素材が、体圧を分散させ、気持ち良い目覚めをもたらします。

マットレスと布団兼用なので、フローリングに直置きも可能です。

スリットが入ってあり、折りたたみ可能なので、収納にも便利なのが特徴です。

エムリリー

「優反発」をいますぐ実感したい方へ。

エムリリーは医療・福祉の国であるデンマーク生まれの寝具ブランドです。

マシュマロのような柔らかさと、体全体を支える弾力性を兼ね備えています。

腰痛持ちの方でもあのふわふわ感を実感できる「優反発」が最大のポイントです。

-腰痛全般
-

Copyright© 腰痛にいいマットレス完全ガイド|ナースが教える腰痛を改善する寝具 , 2018 AllRights Reserved.