腰痛全般

腰痛は整形外科へ。病院で見てもらったほうが良い理由とは?

投稿日:

痛い時はまず病院へ

腰に違和感がある…。

そんな時、とりあえず日常生活では困ることがないと、そのままにしている人が少なくありません。

 

しかし、多くの方が「もっと早くに通院していれば」というような状態になるまで放置してしまいます。

何科で診てもらうべきなのかもわからず、悩んでいるうちに痛みが引いたというケースもあります。

 

ここでは腰痛になったときに病院の何科で診てもらったほうがいいのか。

またその理由をご紹介していきます。

 

腰痛を病院で診てもらうほうがいい理由

自然に治らない腰痛も多い

病院に行ったところで、湿布と痛み止めをもらうだけ。

「安静にしててくださいね」と言われるだけでおわりということもあります。

何度もそのような対応をされると、わざわざ病院に行く気持ちがなくなってしまいますよね。

でも実際は、痛み止めを飲むことも重要な治療方法のひとつになります。

 

体の中の痛みは連鎖していく。やがて腰だけの問題ではなくなることも

人間の体は痛みが連鎖するようにできています。

腰痛を放置しておくと背中全体が痛くなり、肩や首まで痛みが広がることもあります。

痛みを感じると筋肉が収縮して血の流れが悪くなるためです。

痛み止めを飲むだけでも、その痛みの連鎖を避けることができます。

これにより、腰痛が治りやすい状態を作り出すことができるのです。

 

腰痛は自然回復が期待できない場合もある

  • ヘルニア
  • 骨粗しょう症
  • 内臓疾患

こうした疾患が原因の腰痛では、自然回復を期待することができません。

内臓が傷んでいるようなときは、きちんと医者の治療を受ける必要があります。

単純に腰が痛い、腰に違和感があるといっても、その原因は実は多岐にわたります。

放置すると大事になるケースも珍しくありません。

きちんと原因を把握するためにも、病院で検査を行い、早期発見につなげてください。

 

なぜ?「病院にいっても治らない」と言われる理由

a22fbab5330c479073cb53bfc2b8fe77_s

「腰痛は病院に行っても治らない」

ネット上ではそんな情報も少なくありません。

  • 「手術をしたらもっとひどくなった」
  • 「痛み止めをもらうだけで、根治できるわけがない」

私自身腰痛を持っている身としては、思わず頷きかけてしまう理由です。

しかしその反面、「腰痛における自己流のマッサージは絶対NG」とされていますよね。

実際自分でマッサージをしても、よくなるどころか悪化することが多いのが腰痛です。

よく見るツボ押しも、効果としては怪しいところです。

(参考ページ)マッサージで腰痛は改善しない理由とは?

 

「病院NG」の理由は、なんと著書のアピールであることも

  • 「病院に行っても治らないから、このストレッチをしましょう」
  • 「病院に行くより、毎朝これを続けましょう」

こういった情報や著書は少なくありません。

確かにそうしたことで治る腰痛もあるのでしょうが、あまりにも無責任ですよね。

 

腰痛は長期間続き、かつ自己流で完治させることが極めて困難な痛みです。

誤った情報を鵜呑みにしてしまうことで、内臓疾患を見過ごしてしまう可能性があります。

少しでも変だな、痛みが続くな、と感じたら、まずは整形外科へ行ってください。

腰痛持ちにとって病院は「治す」場所ではなく、「原因を見つける」場所です。

 

内蔵疾患からの腰痛でも、まずは整形外科へ

迷ったら整形外科へ

腰痛になったときにまず悩むのが、何科に行けばいいのかということです。

腰痛の原因によっては、何科で診てもらうか変わってくるという情報もあります。

とはいえ、自分で原因がわからないケースもほとんどです。

 

まずは整形外科で診てもらうことにしましょう。

もし原因が内蔵にあるようなケースでも、整形外科の先生は腰痛についての知識も豊富です。

 

整形外科ならレントゲン撮影も行える

また、初診の場合はレントゲン撮影を行う整形外科がほとんどだと思います。

レントゲン撮影を行えるのは医師のいる病院だけです。

カイロプラクティックや、整骨院など街の治療院ではできません。

治療そのものは最適な場所で行うのが一番です。

原因の特定や一時的に痛みを消すようなことは、整形外科の先生とそこで処方される薬で解決します。

なので、どこで診てもらうかわからないときは整形外科に行くようにしましょう。

 

腰痛の原因に合わせた専門科は下記のようになります。

腰痛の原因に合わせた専門科

  • 心因性による腰痛:心療内科、精神科
  • 内臓疾患による腰痛:内科

腰が痛いからといって、必ずしも整形外科での治療とは限らないのだということも覚えておいてください。

 

突発性の腰痛になってもすぐに救急車を呼んだりしない

 

kyuukyuu

突発性(急性)の腰痛の多くが一時的なもの。

数日安静にしていると痛みがなくなることがほとんどです。

ぎっくり腰や筋肉痛などその理由は様々ですが、緊急性はそれほど高くありません。

ぎっくり腰の場合、救急車を呼んでも、その痛みの回復が早まることはありません。

突発性の腰痛はとにかく安静にして、数日間様子を見るようにしてください。

 

安静にしても痛みが引かない場合は病院へ

3日以上安静にしても、まったく改善されるようなことがない場合は、できるだけ早めに病院に行くようにしましょう。

もちろん自力で通院できないときも救急車ではなく、タクシーなどを利用するようにしてください。

突発性の腰痛の場合は、ほぼ間違いなく整形外科の範疇です。

普段から使っている整形外科の病院を利用しましょう。

またぎっくり腰の場合でも、手足にしびれがあるような時には、早めに病院で診てもらうようにしましょう。

 

整形外科ではなく接骨院やカイロプラクティックではNG?

治療院は病院受診の後

腰痛になったら、接骨院やカイロプラクティックではダメなのでしょうか。

鍼灸や整体、マッサージなどのさまざまな腰痛対策のできる治療院もありますよね。

いずれも筋肉疲労や、筋肉が正しい場所にないような場合の腰痛には一定の効果があります。

原因の根本治療という意味では、最適解とはいえません。

一時的な痛みを取り除くことが出来るとしても、マッサージやカイロなどは根本的な解決にはなりません。

カイロプラクティックや接骨院では内臓疾患や、心因性の腰痛を治すこともできません。

原因をしっかりつかんで、その原因にあった治療を行うのが病院になります。

 

もちろん腕の良い整骨院などでは、椎間板ヘルニアの治療も行っています。

それでも整骨院での治療は、まずは病院で腰痛の原因を特定することから始めましょう。

そのうえで取り組むべき治療方法のひとつだと考えてください。

 

まとめ:安易に治療院に頼らずに、整形外科の診断を受ける

まずは整形外科で診断を受ける。

これが腰痛からの回復の近道になります。

内蔵系疾患からの腰痛もありますし、心因性の場合もあります。

そういった場合は、カイロプラクティックや整骨院、マッサージ店などでは解決できません。

痛みを放置して、取り返しの付かない事態になっては間に合いません。

少しでもおかしいなと思ったら、病院で専門の医師に相談しましょう。

病院に行く

管理人が体験「腰が痛い!」を軽減してくれるマットレス

モットン(motton)

「朝、腰が痛いっ!」をなんとかしたい方へ

モットンは体圧分散、耐久性にとても優れたマットレスです。

軽量の特殊ウレタンを使用し、ベッドにも床に直置きにも使用できます。

90日間使用後の返金保証制度があるので、体に合わないといった場合でも安心です。

雲のやすらぎ

「うわっ、気持ちいい~!」を感じたい方へ

雲のやすらぎは、厚さ17センチでマットレスとしての使用にも最適。

厚さの割に、柔らか過ぎないので、腰痛持ちにもぴったり

通気性が良いので、フローリング直置きでも使用できます。

スリープマジック

スリープマジックは、スポーツする人、体に負担がかかる仕事をする人向けのマットレスです。

ウェーブ状の素材が、体圧を分散させ、気持ち良い目覚めをもたらします。

マットレスと布団兼用なので、フローリングに直置きも可能です。

スリットが入ってあり、折りたたみ可能なので、収納にも便利なのが特徴です。

エムリリー

「優反発」をいますぐ実感したい方へ。

エムリリーは医療・福祉の国であるデンマーク生まれの寝具ブランドです。

マシュマロのような柔らかさと、体全体を支える弾力性を兼ね備えています。

腰痛持ちの方でもあのふわふわ感を実感できる「優反発」が最大のポイントです。

-腰痛全般
-,

Copyright© 腰痛にいいマットレス完全ガイド|ナースが教える腰痛を改善する寝具 , 2018 AllRights Reserved.